ビバホームで水槽台自作してみた

爬虫類ゲージ パンテオンホワイトWH9045を購入しました。

しかし、専用ゲージが見つけられずに、自作に踏み切りました。

素人が設計図も無しに作るとしたら以下になりました。

専用台が無い

パンテオンホワイトWH9045を購入することは決めたし、注文も済ませましたが、やはり専用台は欲しいです。

地ベタに置くのも悪くないと思いますが、管理のしやすさ、直射日光に当てるためには専用台が必要でした。

自作の決断

カラーボックス、パソコンディスク、本棚など色々調べましたが、好みのサイズが無い・・・サイズがあっても、強度が弱い・・・しかも高い・・・そんな状態でした。

しかも地震の事を考えると、いい加減な棚では危険です。

「これは自作するしか無い・・・」と、自作に踏み切りました。

予算オーバー

正直、水槽台(以下ゲージ)の予算は低く4,000円ぐらいにしたかったです。

しかし、地震の事や、使いやすさを考えると、ある程度の出費はやむを得ません。

結果的に、17,000円ほどかかりました。

いざ、ビバホームへ

ビバホームで色々材木を見ましたが、正直どれにして良いのかわかりません。

こっちはド素人、強度も難易度も解りませんでした。

組み立て式を発見

色々見て回ると、組み立て式を発見!!

横幅が3cm足りないですし、少し高いですが、「もうこれで妥協するしか無い・・・」と、購入を決断。

・910mm × 60mm を3枚 約3,500円
・600mm の柱(?)を8本 約560円

板の奥行きを 600mm → 520mm にカットしてもらって購入しました。 (約17,000円)

電動ドライバーで楽々

組み立てはかなり簡単でした。

巨大レゴみたいに組み合わせてネジを締めるだけ・・・30分ぐらいで出来ました。

良かった事

自作した良かったところは以下です。

・自分の好みのサイズで出来た。
・専用台を買うよりは安く出来た。 (大抵2万円ぐらいしてる)
・引っ越すときにバラして運ぶことが出来る。
・棚の高さを好みで決めれた。
・愛着が沸く。

など、色々ありました。

物足りなかった所

・完全自作では無いので、幅や高さは妥協した。
・既製品より作りが悪い。

これぐらいでしょうか?

まとめ

・パンテオンホワイトWH9045の専用台が無く、自作した。
・ビバホームで17,000円ぐらいした。
・概ね満足ですが、完璧では無い。